RyujiUenishi

上西竜二の絵画に関する情報を紹介しております。
油絵作品
プロフィール
個展案内
絵画教室
活動報告
Q&Aと私の世界観
お問い合わせ
トップページへ戻る


◆活動報告です。


2022年
何をやってるのですか?
2022/4/7

ひょうたんから上西です

そんなわけで
個展無事に終わりました!

大変な状況の中
遠くから会場においで下さった皆様に
お礼申し上げます!
本当に有難うございました!!

ここで
緊急通知ですが

会場に「メガネ」の忘れ物がありました!!



画像を載せておきますので

お心当たりのある人は
是非、連絡ください



女性用です



グレーの五角形のケースに入っていました




どなたか女性の方で
メガネなくされて困っておられる、知り合いの方が
おられましたら

どうぞ
お知らせください!

遅くなりましたが
やっと載せられました!



2022/4/7

でもって
個展後に何してたかというと

ひたすら後片付けやら、雑事に追われておりました。

直後にあった教室のための
準備やら
(会場撤去+整理)

お花見スケッチ会の準備があったり
(4/7に無事おこなわれました)

お借りしていた作品を
お返ししたり

あ!
確定申告とかもありました。

そういえば
赤い羽根のポスター展の審査員をさせてもらったり

井原市の文化協会の講座や
やかげ郷土美術館で
お引き受けすることになった油絵講座の
打ち合わせやら

備陽美術協会美術展の
搬入やら


次から次へと
目まぐるしく色々折り重なって

あっという間に
3月が消えました!

4月に入って
急激な温度変化に
体をやられます。


スタッドレスを履き替えましたが
今年は
結局、雪のある場所へ行かなかったので
意味あったのか、、、
疑問なとこもありますが


というような
状況でした



何の面白みもない状況報告でした
(いけん、、、これ更新する意味ない気がする)


そういえば
個展期間中グループ展が二つ重なり

全くそちらに覗くことも
力を注ぐこともできませんでした。
これは
大変な大失敗で、いい勉強になりました!
(最悪な目にあいます。やってはいけないとよく分かった。)


これからは
個展の時期をよくよく吟味します!


2022/1/22

今日は
地元の荏原公民館でのワークショップでした!

去年建て替えられたばかりの新しい施設です。↓



この度は
前回の反省を踏まえ

当日の明け方まで
準備をしました!

そしてまんまと

体調を崩して
死にかけで挑みました!

おかげで
その準備もすっかり忘れてしまい
午前中のワークショップでは
使うことなく


ぐったりしながら終わって気が付きました

一体何だったのかと、、、

午後の部に
それを使いました!


それは
何のことかと言いますと

「アンパンマン」です



は?
って感じですが
ワークショップ前に
準備したことは


「アンパンマンのキャラは
一体何種類いるのか」

調べたことでした

結論から言います

----------------

多分
現地点で「3000種類を越えている」はずです。

2009年で1786種類がギネスに認定されたと
載っていました

ヤナセさんが亡くなった2013年には
「2200以上」という事だったので
そこから推測したわけであります。

----------------

話がそれましたが

とにかく
ワークショップで
ウォーミングアップを兼ねて
アンパンマンを皆に描いてもらいました。



それが
今回の趣旨である
色鉛筆で描く
クロワッサンに大きく影響してきます。






というわけで
会場の様子をほんの少し載せさせてもらいました





こうしてみると


なんというか
さも
いっちょまえに見えます

「いっちょまえ?」


まぁ
気にせず参りましょう、、、


というわけで
何とか無事に終了しました!



(「いやいや、できた絵をのせぇや!」

思われそうですが、


僕は話したりすることに一生懸命で


作品を並べて撮ったりするのを
全く忘れていました。

というよりむしろ
「そがんなことができる余裕は、ありゃあせん!」

方が正しいかもしれません)


でもって
また
個展の準備に戻ります!


今回
個展の時期を
完全に

誤りました!


グループ展が
かぶっていて


タチが悪すぎます!

次回へ続く
2022/1/17

新年が開けましたが
正月もへったくれもありませんでした!

「へったくれ」?


それは何でしょうか、、、

まぁ
またの機会にします。



前回までの上西は

2021年末
城の看板を外すことに尽力(ひどい目に合う)
年始の大学でのワークショップで(心に大怪我)

とまあ
そんな感じでした


では続きです

その後
看板どうなったのか??

それはこちら↓



無事一個はずれました
(たったこれだけに数日かかった、、、
おぞましい、、、)

おかげで
すこやか局です




しかし
前回手に入れたバールのおかげで
この通りです!








じゃじゃーん!





まんまと全部

無理やり剥がすことに成功!

してやりました!


風は吹くわ寒いわ
作業には全く向いてない日ばかりでしたが
仕方なくやりました


そしてこちら↓



このボンドの
後始末に数日かかりました!

(大体、2日以上
つまらんことに時間がかかると
バカバカしくなる!
これはその典型、、、しかし続きます)


そしてついに
溝の部分から、さび止めを刷毛で塗っていきます
(手が死ぬ)






さらに、この作業にまた
数日かかりました(寒さと風で作業にならん!
しかも高所は危ないし!怖いし!ろくでもない!)

そのうえ「油性」を
間違えて買ってきてしまって

刷毛が水で洗えず
ものすごい不便でした

不本意にも
道具が使い捨てになりました!
(刷毛が固まってボロボロに)






さび止めを塗ることで
イメージを一新!

おしゃれに
グレーをチョイスしました!
(じゃない!)



大失敗です
ますます
ただの倉庫になってしまいました!

おしゃれ感ゼロ
センス無しです

せっかく色を変えたのに
むしろ逆に
ただの倉庫感丸出しです

仮にも、絵を描いている
プロの立場から言うと

ダメ過ぎです

色の組み合わせが全然合いませんでした
イメージと違う、、、

壁の色と
本当にマッチしてません



この画像は
たまたま其れらしく見えますが
実際は何とも言えない
統一感のなさです!色が、、、もう


これは
上塗りを別な色で塗りなおしです


(そんなことやってる場合じゃあない!のだけど、、)


次回へ続く

2022/1/6

ワークショップでの反省点です
忘れないように
記録しておきます。

今後の活動の助けになる素晴らしい経験でした。


繰り返しやってきたことですが

対象者が変わると
内容が変わります

去年の夏の
こども絵画教室の心残りが
再発しました


結論から申しますと
「明確な目的」と「対象」がはっきりしていることは
第一条件だなと思いました。

それ以外は
「個々に要望を尋ねて、できる限りそれに応える」

この二つに尽きると思いました。


最低でも、それぞれ個々に困ったことや
何か疑問はないか聞くべきでしたが
今回はそれができず、
一方通行だったように思います。


ということで対応できなかった生徒さん達には
大変申し訳なかったと思っております。
本当にごめんなさい!


ちなみに
あまり、聞いてあげられなかった方は、技術的に
申し分ないと思われるレベルの方が
ほとんどでしたので
時間の都合上、初心者の方や苦手な方に
重点を置いた形になってしまいました。


希望としては
技術に長け熟練した人も、苦手な人も
全員の「何らかの刺激と向上」につながるような体験を
してもらいたかったのですが

私の力不足で
今回の時間がつまらなく
とてもがっかりした人もいたに違いありません。


これは
絵画教室においても
何かを伝えたり指導する立場にいる以上は
忘れずに
常に大事にしておきたいと思い直すきっかけになる
貴重な体験でした。




トップページへ戻る
活動報告へ戻る



このサイトに関するご質問等は、r@uenishi.infoまでお願いします。
copyright(c)2007.Uenishi Ryuji