RyujiUenishi

上西竜二の絵画に関する情報を紹介しております。
油絵作品
プロフィール
個展案内
絵画教室
活動報告
絵画教室Q&A
リンク
お問い合わせ
トップページへ戻る


◆活動報告です。



何をやってるのですか?
2016年9月25日

何とか無事にギャラリートークが終了しました。
雨の中会場にお集まりいただいた皆様には
大変感謝しております。

お話したことは、割と個人的なことでしたが、果たして
どんな風に思われたでしょうか、、、

後から気が付いたのですが
いくつか話し忘れていたことがありました。
もしこちらにたどり着いた方がおられましたら
幸いです。

話し忘れていたことを書き残しておきます。



@サインについて

作品のサインがスグわかるところには、
描かれてなかったと思いますが
実は、ほとんどの作品に、こっそりとサインが隠れています。
同様に年号を描き込んでおりますので、
例えば「2016」という数字を見つけることができれば
サインは必ずどこかに見つけ出すことができます。
年号が見つからないものが時々ありますがそれは
まだ未完成で、サインが描かれていない可能性があります。


A「晩餐」というタイトルの絵画について

この作品に込めた思いは強く
背景の黒板に描かれた「料理のメニュー」の中に
とても大切なことが描かれています。

見つけることができたでしょうか?


この度は、長時間のご清聴
ありがとうございました。



また
何か質問やご感想などありましたら

r@uenishi.info
に送ってください。
「展示見ました」とか、「会場に行ってお話し聞きました」とか
教えてもらえると、とてもありがたいです。


もし展示会場等で、僕を見かけた折には
よかったら声をかけてください。
「このホームページ見ました」と言ってもらえると
とても嬉しいです。 上西竜二
2016年9月10日

塩江美術館の個展が始まりました!

搬入作業の様子です。
こんな感じで持っていきました!

前日にレンタカーを借りて
夜、作品を車に積み込んだんですが

雨が、その間は
降るのを待ってくれました。
本当に有り難かったです。

その後、雷が空を照らしてましたが
恐怖映画でよく見る嵐のシーンのようでした。
何百回スパークしたんでしょうか?
オゾン(O3)ができているのだろうなと想像しました。
(放電によって、O2がO3になると昔TVで見ました。)

でもって翌朝
瀬戸大橋を渡って行ったわけです。



会場の展示作業です。
レイアウトを決めて、壁掛けの作業は
学芸員の小田さんと三宅さんにお任せし
(ありがとうございました!)
レンタカーを返すため帰路につきました。


2016年8月

結局のところ5月の個展以降
変な雑務と
依頼された作品を描いている間に
時間が過ぎ去ってしまいました。

塩江美術館の個展準備も想像以上に
遅れ遅れて告知もギリギリになってしまい
これまた
落ち着かない日々を過ごしております。

8月が終わろうとしていますが
先月あたりから
大改革を行っていて
変な雑務というのは
いわゆる、モノを処分することです。
まぁ簡単に言うなら片付けですね。

どれくらい片付けたのかというと

45リットルのごみ袋にして
約50袋くらいでしょうか。

そのうち4メートルくらいの木を
3本切り倒しましたから、それも入れると
狭い庭がすっきりしました。

20年ほど使われていなかった食器類など
ほとんどが自分のものではありませんが
山のように放置されていました。
最初は途方に暮れていましたが、
時間をかけて
少しづつ減らしていきました。

これ一体何の活動報告でしょうか、、、

とはいいつつ
まだ話には続きがあります。

この捨てるという行為や片付け、
一見、絵を描く活動とは
無関係に思える断捨離こそが

全く持って絵を描くことには
つながらないのです。
(なんだ つながらんのか!)


しかーーし!


ただただ
精神衛生上にイイ!
それだけです!!

「素晴らしい!」

余計なものがない本来の空間や
スペースというものは
何度見てもいい気分です。


ここに
全てがあります。

「気分がいい」のです。
してやった感があります。

それだけ。

しかしこの「気分」こそが
ほとんどのことを支配している!
といってもいいのでは
ないでしょうか?
気分が悪いと何もやる気が起こらないし
気分でどこまでも行動が変わってきます。
たぶん。


そんなわけで
「はよ絵を描けよ!」と
自分に言っております。

ちーーん・・・


だんだん
ブログ調になってきました(TT)
2016年7月

5月の個展も無事に終わり
といっても
3月から時間がすっ飛んでいますが、、、

その後の経過報告です。
展示に間に合わなかった作品が
結構ありました!結局のところ未完成でしたが
展示しました。
まだこれから完成に向けて手を加えていきます。

個展終了、後作品を描くためのキャンバスを3週間ぐらいかけて
ひたすら作っていました。
その間には頼まれた作品などを並行して作っていましたが
いよいよ、9月の初めから高松市塩江美術館での個展が
迫ってきました。

今はそれに追われて、雑務をこなしている状態です。

にしても個展以降
外に出る機会がなぜか急増し
家でおとなしく制作できません。
その上、夜型生活がなぜか終了し、昼の住人になっています。
といってもバラツキがあるので、夜中に起きてたりするんですが

どうしても

どうしても

午前中に目が覚めます。
「大丈夫なのか?結構、身体がしんどいけれど、、、」
と思いつつも、以前のような鈍い腹の痛みとか
寝てないことによる激痛がずいぶん減っています。
色々なことに気を付けてみてはいますが
いいような、悪いような、、、

とまぁこんな調子です。

なますて。


2016年3月

16日
いよいよ個展の開催時期が決定しました。
4月28日からですが
絵がなかなか進みません。
ちょっと途中経過などアップしてみるのもいいかなと思ってみたりはするんですが、なんせこのパソコン作業が
相当疲弊するんです。
なのでまぁfacebookとかに上げてみようかなぁとか考えてみたり
ここのところ本当に、画家らしく絵を描いています。
今まで一体何をしていたのかというくらいです。
2016年2月

12日
あっという間に時間が過ぎていきます。
パネルの下地を作るだけで一週間以上かかりました。
乾燥日数がかかるためどうにもなりません。

下地材が乾燥すると体積が減ってならしたはずの
布の目地が浮いてきます。

先日の井原教室で風邪が流行っていることをしりました。
インフルエンザにより中学校が学級閉鎖になっているとか、、、

こちらは、フル加速で絵を描いている感じですが、果たして
四月までに間に合うのか、、、

2016年1月

27日
現在DRC展のDMを作っています。
注文していたパネルを受け取りに行ってきました。
桟木の幅等、特注です。

この後、合間を縫ってパネルに布を貼り、下地を塗り重ねていきます。
ニカワで貼り付けるんですが、この下地作業が随分と時間のかかる作業なんです。
2週間くらいみとかないと、ちゃんとしたものになりません。



22日
ポストカード販売のためのページを追加しました。
こちらです→http://post.base.ec/
時折、個展の時だけ、その会場で販売していましたが
新しく種類を増やして、また次回の展示会場でも販売する予定です。
明日、寒波らしいですが兵庫県美に
モランディ展を見に行ってこようと思っています。



18日
個展に向けて作品を制作中です。
個展会場は、岡山市内です。
シンフォニーホールの近くの
錦楽園」のギャラリーをお借りして展示します。
場所→https://goo.gl/maps/n3TkggAfNxp

時期は春ごろ4月〜5月ぐらいを考えております。


もうちょっと早く発表できたら良かったのですが、メインの作品が
まだ完成しません!

でもってその前に
備陽美術協会チャリティー展 1/4〜1/29 があったり
やの会 1/19〜24 があったりと
「なかなかの進まなさ」です。↑個展案内参照

と言いつつも
小さい作品がぽつりとできてみたり
制作を頼まれたりで、横道にそれてみたりしながら
わずかに進んでいます。

ホームページの更新が面倒であまりに長いこと放置し過ぎたので
ここらで作品の一部を少しずつ載せていこうかなと思ったり
思わなかったりしています。
(思う事もあるけれど、思わない事も多い。→そのあたりは謎)

段々と
ブログめいた独り言のようになって来ましたが
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
2015年10月

動画作ってアップしてました。

これです。
10/10
2015油絵動画
https://youtu.be/77ppzp0hijI

10/12
2009油絵動画
https://youtu.be/V8HNzBpDWZA

10/14
2014油絵動画
https://youtu.be/DDD1EtSaduc

こんな感じです。
2015年9月
グループ展に出品などしておりました。
主に福山での活動です。
私の世界観
絵を描くこと
色について
初めて油絵を描いた時のお話(その1)
初めて油絵を描いた時のお話(その2)
抽象画のおもしろさ(その1) '07 9/16
抽象画のおもしろさ(その2) '07 9/16
カラスを描いた時のお話 '07 9/20 


トップページへ戻る



このサイトに関するご質問等は、r@uenishi.infoまでお願いします。
copyright(c)2007.Uenishi Ryuji